CPI・ウェブサーバー比較ビジネスプラン

レンタルサーバーの詳細比較(WEB)

レンタルサーバー比較TOP > 月額料金2200円以上 > CPIレンタルサーバー

高品質が当然のレンタルサーバー
会社の信頼を逃しません。
CPIレンタルサーバー詳細情報

レンタルサーバー代表的プランの詳細

サービス名 CPIレンタルサーバー
プラン名 Z3
サービス提供 Servision 株式会社
(旧社名 株式会社 CPI)
利用料金
月額費用 -
初期費用 -
独自ドメイン 同時に取得可能

スペックやWEBサーバー機能関連

ディスク容量 70GB
サブドメイン -
マルチドメイン 設定可能 (無制限)
WEB機能 CGI / パール / ルビー / PHP 
Python / SSI / .htaccess
その他
サーバー機能

共有SSL利用可能

Anonymous FTP

FTP over SSL

PC・携帯アクセス振り分け

ドメインエイリアス

データベース関連
データベース MySQL / PostgreSQL / SQLite
DB個数 データベースは5個利用可能
対応明記
ソフトウェア

ムーバブルタイプ / ズープス

ワードプレス / ゼンカート

osCommerce / PukiWiki

OpenPNE

ネットショップオーナー2

ECキューブ

ソフトウェア
その他
ムーバブルタイプ・1ライセンス付き
簡単インストール機能あり
メール機能
メール
アカウント
メールアカウント無制限
メール
フィルタ

スパムメールフィルタ

ウィルスフィルタ

電子メール
機能

ウェブメール機能

転送メール・自動応答メール

メーリングリスト・メールマガジン
(空メール登録対応)

メールボックスの容量制限が無制限

その他

アクセス解析

利用可能
(AWStats、Webalizer、Analog)

オプションでアーチンが利用可能

提供CGI 高機能フォーム作成ウィザード等
転送量制限 基本、転送量無制限
速度について

NTTコミュニケーションズのビル内にウェブサーバー設置。

その他1

大容量ファイル転送サービス。

EC機能ショッピングカート・ベーシック

パール文法チェッカー。

FTPアカウント30個設定可能。

ベーシック認証。

エラーページ設定可能。

無料テストサーバー、テストサーバーからのワンクリックリリース。

その他2

フリーダイヤル電話サポート

スケジュール管理ツール。

グループウェア機能。

Google AppsTM Premier Edition。

グローバルIPアドレス1個付属。

レンタルサーバーサービス提供会社

Servision 株式会社 (旧社名 株式会社 CPI)

CPIサーバー新着ニュース一覧


掲載中のウェブサーバー
詳細情報は、15/03/11
最終更新の内容です。


CPIレンタルサーバーのホームページイメージ

サーバー会社ホームページはこちらより

機能・内容・料金は、レンタルサーバー会社ホームページにて今一度確認されることをお勧めします。

上記バナーより申込みや詳細確認が可能です。

「CPIレンタルサーバー」の特徴

  1. 高機能、高性能、大容量のCPI。X30プランではアクセス解析アーチンまで標準装備。
  2. これぞCPIブランド。ウェブサーバーはNTTコミュニケーションズのビル内に設置で歴史は10年以上。
  3. ECショップツールや高機能フォーム作成、グループウェアなどビジネスの現場で役立つ機能満載。
  4. 低価格な専用サーバーよりパフォーマンスが期待できる!アプリケーションもレスポンス良く動作。

CPI共有サーバー Z3プラン の概要

充実のスペックと高機能がとても魅力な、KDDIグループのCPIレンタルサーバー
ビジネスに役立つ機能は、とにかく高性能で、充実の機能はどれも便利な機能ばかり。まさにCPIブランドであるわけで、ビジネスクラスの共有レンタルサーバーといえるだけのものがあります。

 


CPIではプラン内容が大幅変更になりました。
※現在の最新プランはこちら - CPIレンタルサーバー・ACE01


1.稼働率100%保証・ビジネス対応スペック

ビジネス対応レンタルサーバーとしての安心感は最高級。安定表示、安定稼働については当然高レベルで、SLA(品質保証制度)100%稼働率保証
低価格サーバーによくある、表示不安定やなかなか表示されない問題を限りなく減らし、サイトの信用を失う可能性を限りなく減らします。

2.超高機能で便利機能満載

CPIは機能についてはあげていけばきりがないほどという高機能レンタルサーバーですが、フォーム作成機能、充実のメール機能、グループウェア機能、大容量ファイルの転送機能など盛りだくさん。ビジネスにはぜひ欲しい機能が詰まっています。

3.スムーズに繋がる電話サポート

その他CPIの評判をチェックすると、フリーダイヤルの電話サポートあり、数あるレンタルサーバーの中でもスムーズに繋がる電話サポート、そして訓練された人員配置で安心と評判です。
オプションで24時間365日対応の電話サポートも用意されています。

4.CPIのベストバイは Z3 か Z1

CPIサーバーをビジネスでの利用ならば、このX30プランが機能的にはベスト。しかしもちろん予算的にX10プランを選ぶのも十分高機能で、ありな選択でしょう。

5.グループウェア標準装備

社内や部署で便利に使えるグループウェアを標準装備。現在オフィスにおいてなくてはならいツールとなりつつあるグループウェア。CPIでは無料で使えます。
実際に別に契約するとなると、結構な金額がしますので、この料金も含めて考えれば非常にオトクです。(参考・グループウェア・サイボウズオフィス

6.専用SSL証明書が標準

このCPI・Z3プランでは、専用SSLが付属します。証明はCPIの専用SSL証明書となり、ベリサインやサイバートラストに比べれば知名度は一歩劣りますが、SSLのセキュリティは変わらず、会社とホームページの証明もしっかりと機能してくれます。

7.グローバルIPアドレスが1個付属

グローバルIPアドレスが割り当てられると、ドメイン無しでもサーバーにアクセス可能なほか、IPアドレスが必要なプログラムも実行可能。またグローバルIPアドレスが割り当てられるウェブサーバーでないと、専用SSLは利用できません。

サービス比較のポイント
ココが惜しい、CPI

非常に高機能で内容充実なCPIレンタルサーバーながら、Z3プランは専用サーバーに近づいてしまう金額なのも事実。アプリケーションなどの速度・パフォーマンスで比較すれば専用サーバーが一歩リード。反面、個人で選ぶならZ1プランはコストパフォーマンスに優れ大変オススメ。

 


別途ご紹介しているX10プランですが、個人ビジネス利用でもX10プランなら、予算的になんとか射程圏内でしょう。
初期費用はちょっと出ますが、これで効率よく作業が進むと思えば安いモノ。効率よくホームページが作成でき、結果的に収益が上がる可能性も高いです。

CPIの別プランご紹介

月額3990円のZ1プラン、個人の利用も対応。

・最もオススメできる方

高機能、多機能、条件もいいビジネススペックのサーバーをお探しの方へ。素晴らしい内容ながらZ1プランは個人の方にもオススメしたい内容と価格。

法人の方にはZ3ならばオフィスでぜひ欲しい機能が詰まっています。専用SSLも標準。効率的な運営や新たな戦略が試せそうです。

詳細、お申し込みは下記リンクよりどうぞ

CPI共有レンタルサーバー

(内容や料金など最新情報は公式ホームページでご確認下さい)

レンタルサーバーその他プランの相違点
プラン名 Z1 Z2 Z3
容量 50GB 70GB 70GB
メール 200 500 無制限
マルチドメイン 6 無制限 無制限
データベース 3 5 5
付加機能 多数 MT等 超多数
月額料金 3990円 5880円 7980円

オプションで用意される機能・内容

  • 24時間365日電話サポート
  • 各種サーバー証明書(SSL)
  • アクセス解析アーチン
  • SEO対策ツール
  • モバイルCMSツール
  • シマンテック・ウイルスチェックサービス
  • その他オプションあります。
目的別・予算別・容量等条件別にレンタルサーバーを比較・ウェブサーバー比較情報

共有レンタルサーバー(WEBサーバー)比較ガイド 運営:株式会社リグレ Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserved / 当サイト記事の転載は禁止させて頂いております。

元、大手サーバー販売代理店&ホームページ制作会社勤務の管理人がお届けします。
多岐にわたる共有レンタルサーバーを比較、販売していた経験から、当サイトだけの視点からお役立ち情報をお届けします。