WEBサーバー別のキャンペーン情報

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報

2009〜2012・「CPI」ニュース最新

2009〜2012年 WEBサーバーニュース

稼働率100%が保証されたKDDI・CPIレンタルサーバーは、高機能、好環境、優れたサポートと3拍子揃った共有サーバー。低価格プランは個人でのアフィリエイト利用などでも、頑張ればなんとなかる価格設定が魅力。オプションで24時間365日の電話サポートも利用でき、サラリーマンの方でも電話サポートが利用できます。

CPI共有サーバーについて内容詳細はこちら。

  1. レンタルサーバーCPI・ACE01プラン比較

制作者向けの新機能が追加されました

2012/08/01・ニュース

今回、CPIレンタルサーバーでは、無料で使える新機能をリリース。「SmartRelease」という機能でウェブ制作のトラブルを未然に防ぐ次世代サーバーツールになります。

SmartReleaseについて

概要 : 「制作者を超ラクにする」をコンセプトに、CPI共用レンタルサーバー「シェアードプラン ACE01」に標準装備(無料)されました。

特徴 : リリース機能を使用することで、素早く安定したファイル転送を行うことが可能。システム側でファイルを転送するので、ファイルが不足したり、間違ってファイルを削除してしまうことが防げるということです。
その他、自動バックアップ機能付き。開発用のテストサイトから公開用サーバーへの移行作業も簡単になる機能が備わります。

WEB制作者の使用例としては、ウェブ制作者がサイトを制作、その後、テストサイトにアップロードする。アップロード後サイトオーナーがサイトを確認し、よければ「リリース」ボタンをクリックする。こういった方法でホームページ公開をすることが出来ます。

CPI共有サーバーで無制限化とスペックアップ

2011/12/28・ニュース

今回、CPIレンタルサーバーでは、プランリニューアルでマルチドメイン、データベース、ディスク容量の無制限化と、サーバースペックアップ、さらには初期費用の無料化まで実施しました。

初期費用無料などお得な新プラン

CPIの共有レンタルサーバーは、「シェアードプランACE01」となり、内容が強化されました。
同時に12ヶ月契約でお申込の場合は、初期費用が無料になっています。

レンタルサーバー「シェアードプランACE01」の無制限化

CPIレンタルサーバーの今度のプラン、シェアードプランACE01では、ディスク容量、マルチドメイン、データベースが無制限となります。(データベース無制限はMySQL)

今回のリニューアル、無制限への変更にあたり、WEBサーバー内部の変更点として、下記の点があげられています。

  1. WEBサーバーの大幅スペックアップ
    メモリは従来の6倍になるなど、大幅なスペックアップを行ったとのこと。その上で、WEBサーバー1台あたりの収容人数は従来と変わらずということ。
  2. リソースの追加が可能なWEBサーバー
    ハイクラス共有サーバーのWEBサーバーでは、運用開始後にリソースを追加することはあまりないことですが、CPIでは20倍までリソースを追加できるように設計。これにより、メモリやディスク容量の追加が可能に。
  3. サーバー負荷の平準化を強化
    稼働状況の分析や、今後の負荷状況を予見し、負荷が高くなると判断したサーバーは新たにお客様領域を追加せず、他サーバーに分散するなどの運用を行います。

上記変更などを行うことで、表示速度やCGI使用時のパワー、安定性をできる限りキープしているはずです。
何もアナウンスもないまま、また現状のスペックのまま、とにかく無制限にして特徴にしているレンタルサーバーより、断然安心。このあたりがCPIのブランドの安心感でもあります。

Web制作会社の方にも好評というCPIの無制限共有サーバー。ここから想像できるのはサポートもしっかりしているということ。
マルチドメイン非対応の共有レンタルサーバーを使うと、実はコレが一番いいのですが、CPIならマルチドメインで運用しても問題ないかもしれません。例えば4サイトを運営すれば月額1000円と一緒。マルチドメインを利用してのコストダウンでも質はキープ。その上で豊富な機能と好評のサポートが利用できます。

CPIが初期費用無料を実施中など

2010/09/12・ニュース

今回、CPIレンタルサーバーでは、21000円の初期費用が無料になるキャンペーンと、低価格専用サーバーリリースのお知らせです。

CPI初期費用無料キャンペーン実施中

期間 : 2010年9月30日まで

内容 : 初期費用21000円が無料になります

対象プラン : 共有サーバーZ1〜Z5プラン (12か月契約)


初期費用が比較的高額となるなるビジネス対応レンタルサーバー。このように初期費用がお安くなる機会に申し込めば大変お得です。
この21000円を月額換算すれば、実に5ヶ月分以上に相当。5ヶ月無料で利用できると考えることも可能です。

CPIの低価格専用サーバー

CPIレンタルサーバーでは、9月1日より低価格専用サーバーである新プラン「カスタマイズエンジン」をリリース。特徴はルート権限付き、OS・CPU・HDD・メモリなどを用途に合わせて選ぶことが可能です。

初期費用は30000円〜、月額料金は7350円〜と、共有サーバーと同価格帯からの価格設定が魅力です。


低価格な専用サーバーは、ハイクラスの共有サーバーと比較して迷いますが、比較のポイントとして、以下の点が上げられます。

  • アプリケーションプログラムである、 ショッピングカートやブログなどの表示速度、パフォーマンスを考えれば専用サーバーが一歩リード。アクセス数が多い場合の混雑時でもしっかりと対応してくれます。
  • 付加機能の充実度で考えれば同価格の共有サーバーがお得な場合が多いです。

パフォーマンスで選ぶか機能で選ぶかがポイントとなります。

ディスク容量増加

2009/01/08・ニュース

充実のスペックと超高機能がとても魅力な、KDDIグループのCPIレンタルサーバーは、個人ビジネス向けのX10プランでも優れたコストパフォーマンスで機能充実、ビジネスX30プランなら一段と高機能でオフィスの現場で役立つ機能満載です。

そして、NTTコミュニケーションズのビル内に設置されたウェブサーバーなど条件もよく、すべてがハイクラスな共有レンタルサーバーです。


そんなCPIレンタルサーバーで、ディスク容量が大幅に増量しました。詳細は下記リンクよりホームページで確認できます。

CPIの代表的プランのディスク容量
  • ライトX10 - 50GB
  • ライトX20 - 70GB
  • ビジネスX30 - 80GB
  • ビジネスX40 - 90GB

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve