2012ニュース・WEBサーバー別

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報

2010〜2012・ファーストサーバー最新の話題

2010〜2012年 WEBサーバーニュース

ファーストサーバーは、ヤフーグループのレンタルサーバーサービス。低価格なエントリープランからビジネス向きプランまで、大容量や豊富なオプションが魅力のビジネス対応共有レンタルサーバーです。

ファーストサーバーについて内容詳細と比較はこちら。

  1. ファーストサーバー・メジャープラン
  2. ファーストサーバー・エントリープラン
  3. ファーストサーバー・スモールビズ
  4. ファーストサーバー・ECキューブ最適化プラン

複数の特典、キャンペーン実施中

2012/03/09・ニュース

今回ファーストサーバーではSSL永年割引など3つのキャンペーンを実施しています。
いづれも魅力的な内容です。

対象となるのは、サーバー代金以外無料で利用できるオープンソースのネットショップ、「ECキューブ」の利用に適した、「EC-CUBEクラウドサーバー」コース

初期費用全額キャッシュバック
キャンペーン期間
〜2012年3月31日(土)
キャンペーン対象
EC-CUBEクラウドサーバーの対象サービスを契約期間12ヶ月で新規ご契約いただいたお客様
キャンペーン特典
初期費用全額キャッシュバック

EC-CUBEクラウドサーバーの初期費用を全額キャッシュバック。3000円〜最大15,000円お得。
ファーストサーバー契約後、会員ページからキャッシュバック申請を行って下さい。

SSL証明書の割引(更新以降も割引)
キャンペーン期間
〜2012年3月31日(土)
キャンペーン対象
EC-CUBEクラウドサーバーの対象サービスを利用しているユーザーも含む。
キャンペーン特典
「ドメイン認証型デジタル証明書取得代行サービス」の年額費用を1万円値引き。
キャンペーン期間中に申込みで、次年度以降の更新費用も1万円割引価格
グローバルサイン社「クイックSSL認証」。
EC-CUBEガイドブックプレゼント
キャンペーン期間
〜2012年3月31日(土) 先着順に付きプレゼント終了
キャンペーン対象
EC-CUBEクラウドサーバーの対象サービスを契約期間12ヶ月で新規ご契約いただいたお客様
キャンペーン特典
「EC-CUBE【Ver2.11対応】公式ガイドブック基本編 (秀和システム刊)」をプレゼント。

こちらのキャンペーンは先着順につき終了しています。


共有レンタルサーバーでのネットショップ運営では、サーバーのパフォーマンスが非常に重要。ネットショップシステムはサーバーパワーが必要なので、非力な場合はレスポンスが遅かったり、混雑時に不具合が出たり、商売の機会を逃してしまうもの。

ショッピングカート構築システム「ECcube」に最適化したプラン

このファーストサーバー「EC-CUBEクラウドサーバー」コースでは、ECキューブに特化することでレスポンスの向上を狙っています。

月額料金は、基本的な安いプランで1785円。アクセス数が多くなりそうな場合は上位プランを選択して下さい。ECキューブは無料で利用できるタイプのサーバーインストール型ソフトウェアです。

サーバー内容詳細はファーストサーバーホームページより、「ネットショップ」という項目から確認出来ます。

セキュリティ関連の新機能

2010/10/03・ニュース

今回ファーストサーバーでは、セキュリティに役立つ新機能が追加されました。

ファーストサーバーがFTPSに対応

ファーストサーバーに追加される機能 : 「FTP over SSL」


FTP over SSLは別名FTPSとも呼ばれ、FTP通信データを暗号化して送受信。
ファイルやID、パスワードの安全性を高め、FTPアップロードやダウンロードのセキュリティを確保します。

特に話題のガンブラーなど、IDとパスワードを盗み見する、マルウェアと呼ばれるウィルスには効果的な対策となります。

詳細はこちらをご覧下さい。FTP over SSL(FTPS)について


このFTP over SSLですが、残念ながらホームページ制作ソフトのドリームウィーバーでは利用する事ができません。
(ドリームウィーバー側が対応していないため)。

しかしながら、フリーのFTPソフトでFTPSに対応しているソフトがある為、それを利用する事でセキュリティを高めることが可能になります。

デジタル証明書・ビズサート機能が強化されました

2010/06/04・ニュース

今回ファーストサーバーでは、オプションでデジタル証明書「ビズサート」が利用可能ですが、このデジタル証明書がパワーアップします。

ビズサートの強化・変更ポイント
  • 認証局をファーストサーバからサイバートラスト社に変更
  • 携帯にも対応するセキュアシールの発行
  • 鍵長を2048bitに変更
  • 乗換の場合は、残期間分を補填するサービスの追加
  • 価格は従来通り低価格、59800円

ビズサートの内容変更は7月1日から。法人または個人事業主の方が申込み可能なこのファーストサーバーのデジタル証明書、セキュアシールが発行されれば非常に効果的。
この「セキュアシール」をホームページに設置する為に証明書の申込みが必要であるとも言え、これによって第3者からの証明をアピール。ホームページの信頼性、会社の存在をしっかりアピール出来ます。

ショッピングカート構築ソフト、EC-CUBEが使いやすくなりました

2010/05/20・ニュース

今回ファーストサーバーでは、ショッピングカート構築ツールである「EC-CUBE」が便利に使える機能をリリースしました。

EC-CUBEの簡単インストール機能の追加

リリースされた機能は、EC-CUBEの簡単インストール機能。

ファーストサーバーの管理画面から、クリックメインでEC-CUBEをインストールできます。

同時にファーストサーバーでは、EC-CUBE用のデザインテンプレートの配布を開始しています。


EC-CUBEは無料で使える国産のオープンソースアプリケーション。ネットショップの構築が可能です。
参考:EC-CUBEの詳細


簡単インストール機能があれば、簡単なだけでなく時間を削減。別の必要な事に時間を回せます。

クイック認証SSL無料キャンペーン延長!

2010/02/26・ニュース

ファーストサーバーでは、独自SSL証明書(専用SSL)1年間無料キャンペーンを行っていましたが、延長となりました。

ファーストサーバーキャンペーン期間延長

ドメイン認証型デジタル証明書の1年間無料キャンペーン、大好評につきキャンペーン期間延長に。グローバルサイン社のクイック認証SSLサーバー証明書の取得代行サービスが1年間無料です。

期間は3月末まで。面倒な申請や設定作業は一切不要。全てファーストサーバが代行とのことです。簡単設定が期待出来ます。
また、1年間無料な上に、クイック認証SSLは、2年目からもお得な低価格料金となっていますので、ぜひおすすめしたいサービスです。

クイック認証 SSLサーバー証明書のメリット
  • 法人でも個人でも取得可能
  • 面倒な申請手続きなし、最短2分で発行可能
  • サイトシールでサイトの安心感を強調

ビジネスサイトにおいて、ホームページにSSL証明書シールを設置することで、ホームページに訪れてくれたユーザー様が安心感を感じます。これは想像以上に重要な事といえます。

2010年現在、共有レンタルサーバーには、専用SSLに対応していないウェブサーバーも多い為(専用SSLには専用IPアドレスが必要な為)に、必要なら乗り換えがお得。独自ドメインで運用していれば乗り換えもカンタンです。

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve