年度別/WEBサーバー別のキャンペーン情報

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報
レンタルサーバー比較 >  レンタルサーバーニュースTOP > SPPDサーバー(2013〜)

2013〜2014・「レンタルサーバーSPPD」の変更や限定特典

2013年〜 WEBサーバーニュース

月額1750円からの法人対応共有レンタルサーバー、「SPPDレンタルサーバー」は低価格ビジネス対応レンタルサーバーとして優れた内容を持つ共有WEBサーバー。2012年・最新の更新情報をお伝えしています。

SPPDのWEBサーバーについてはこちら。

  1. SPPDレンタルサーバー比較

仮想デスクトップサービス、料金と内容を一部改定

2014/05/03・ニュース

SPPDの「仮想Windowsデスクトップサービス」では、料金と内容が一部改定になりました。2014年4月25日より改定。サービス内パワフルコースとエクセレントコースで変更点があり、ベーシックコースでは変更点はありません。

ベーシックコース

料金、内容ともに変更点無し

パワフルコース

料金は変更無し。内容は同時接続数が変更。2から1になりました。

エクセレントコース

料金変更。5076円から6264円に変更。内容は変更点無し。

またSPPD仮想デスクトップサービスの「Officeプラン」につきましても、ベーシックプランを除き、同様に変更されています。

10/10まで 仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料

2013/09/02・ニュース

SPPDの「仮想Windowsデスクトップサービス」では、8月28日より初期費用無料キャンペーンを開始しました。

キャンペーン詳細

期間 : 〜 2013年10月10日(木)申し込み分まで

内容 : 各コース初期費用が無料

※各コースの初期費用は1575円または3150円となっています。

6/18まで延長!SPPD仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料

2013/06/06・ニュース

SPPDレンタルサーバーの「仮想Windowsデスクトップサービス」では各プラン初期費用無料キャンペーンを実施していましたが(内容は下記参照)、期間が延長となっています。

新しい期間は2013年6月18日(火)お申し込み分までということです。

5/27まで SPPD仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料

2013/04/30・ニュース

SPPDレンタルサーバーの仮想Windowsデスクトップサービスは仮想デスクトップが利用できるレンタルサーバー。遠隔地から自分のPCのようにいつでも利用することも可能です。

今回、初期費用無料キャンペーンを実施しています。

キャンペーン詳細について

期間 : 〜 2013年5月27日(月)お申し込み分まで

特典 :  各コース初期費用が無料

通常初期費用 : 3コース 1575円・3150円・4725円

SPPD(専用サーバー)にWAF機能がオプション設定されました

2013/01/23・ニュース

SPPDレンタルサーバーの専用サーバーコースでは、WAF機能を追加しました(有料オプション)。
専用サーバーでWAF機能を提供するのはSPPDが初とのこと。

WAFとは(Web Application Firewall)の略で、ウェブサイトへの攻撃(SQLインジェクション攻撃)による コンテンツ改ざん、データ漏洩、サーバー負荷増大からサーバーやデータを守ることができる機能。「SiteGuard Lite」によりサイトを守ります。
提供開始日は2013/01/16日なので、すでに提供が始まっています。

またSPPDでは同時に専用サーバー初期費用割引キャンペーンを実施しています。

キャンペーン詳細について

期間 :  2013年3月18日(月)まで

特典 : エントリー・ライトコース セットアップ料 50%OFF、ベーシックコース以上 セットアップ料 25%OFF

割引後の料金
  • エントリーコース 19950円
  • ライトコース 23625円
  • ベーシックコース 42525円
  • スタンダードコース 51975円
  • パワフルコース 59062円

1/16まで VPSコースで初期費用無料キャンペーン

2013/01/09・ニュース

SPPDのVPSコースでは初期費用(セットアップ料金)が無料になるキャンペーンを実施しています。

期間は 2013年1月16日(水)まで。

通常セットアップ料金(1,575円〜4,725円)が無料になります。

専用サーバーコースに新プラン追加とサーバースペック強化

2013/01/07・ニュース

SPPDレンタルサーバーでは法人向けとなる専用サーバービジネスシリーズがリニューアル。スペック・内容が強化されました。
また同時に、月額9000円台で利用できる、専用サーバーとしては低価格なプランもラインナップ。どのプランも基本的に法人向けサービスです。

既存プランのスペック強化詳細
専用ライトコース
  • CPU :Xeon E3-1265Lv2 メモリ:8.0GB HDD :SATA 500GB x2
  • セットアップ料 :47,250円(税込)(改定) レンタルサーバー利用料:16,590円(税込)
専用ベーシックコース
  • CPU :Xeon E3-1260L メモリ:16.0GB HDD :SAS 450GB x2
  • セットアップ料 :56,700円(税込) レンタルサーバー利用料:25,200円(税込)
専用スタンダードコース
  • CPU :Xeon E5-2420 メモリ:16.0GB HDD :SAS 600GB x3
  • セットアップ料 :69,300円(税込) レンタルサーバー利用料:36,960円(税込)
専用パワフルコース
  • CPU :Xeon E5-2420 メモリ:32.0GB HDD :SAS 600GB x4
  • セットアップ料 :78,750円(税込) レンタルサーバー利用料:48,300円(税込)
低価格な新プラン
専用エントリーコース
  • CPU :Xeon E3-1220Lv2
  • メモリ:4.0GB
  • HDD :SATA 500GB
  • •セットアップ料 :39,900円(税込)
  • レンタルサーバー利用料: 9,240円(税込)

※フルマネージドタイプの専用レンタルサーバーですが、従来のスマートコースと同様、制限付ルート譲渡機能、TCP監視は付属しないコースになります。

仮想デスクトップサービス、初期費用無料キャンペーン

2013/01/07・ニュース

SPPDを選択するならこちらも魅力のサービス。windows仮想デスクトップサービス。こちらは別料金となる有料オプションです。

今回、初期費用(セットアップ料)が無料になるキャンペーンを実施しています。
キャンペーン期間は2013年1月27日(日)までとなっています。

キャンペーン内容:各コースセットアップ料(1,575円または3,150円)が無料

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve