SPPDホスティング共有サーバー

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報

SPPDレンタルサーバー更新情報

2015年以降の関連ニュース

SPPDに関するニュース更新情報、2015年以降のニュースは「その他レンタルサーバー」コーナーに移動しました。

2014年のサーバー関連ニュース
  • 14/05/03 仮想デスクトップサービス、料金と内容を一部改定。
2013年
  • 13/09/02 10/10まで 仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料。
  • 13/06/06 6/18まで延長!SPPD仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料。
  • 13/04/30 5/27まで SPPD仮想Windowsデスクトップサービス、初期費用無料。
  • 13/01/23 SPPD(専用サーバー)にWAF機能がオプション設定されました。
  • 13/01/09 1/16まで SPPDのVPSコースで初期費用無料キャンペーン
  • 13/01/07 専用サーバーコースに新プラン追加とサーバースペック強化
  • 13/01/07 仮想デスクトップサービス、初期費用無料キャンペーン
2012年
  • 2012/09/23 リソースグラフ機能がリリースされました。
  • 2012/08/15 SPPD共有サーバーコースのデータベース個数などが増加。
  • 2012/08/13 SPPDのVPSコースにLAMP機能が追加されました。
  • 2012/06/28 SPPDレンタルサーバーの仮想デスクトップに新プラン登場。
  • 2012/04/21 SPPDのVPSで低価格プランが追加されました。
  • 2012/03/03 SPPDの仮想専用サーバーVNCコンソール機能追加とキャンペーン。
2007年〜2011年

 


共有サーバーの最新ニュースをお伝えしています。

SPPDのレンタルサーバーは、完全なビジネススペックとなる専用サーバーと、個人でも利用できる価格帯の法人対応共有レンタルサーバーをラインナップ。WEBサーバーは信頼性の高いNTTPCデータセンターに設置され、合計200Mbpsの専用線を経て国内最大級のNTTPCバックボーンに直接接続される、高速アクセスが可能なサーバーです。
価格やわかりやすい機能のみを重視したレンタルサーバーとはひと味違う、しっかりした内容でビジネスにも対応。このあたりの姿勢はとても魅力的です。もちろんサーバー機能面でも不足無く、便利機能としてはマルチドメインも利用可能となっています。

そのほかの特徴として、ぜひピックアップしたい点は、メール機能が充実している点。例えば1通あたりの容量制限無しで利用できます。
月々の利用料金は共有サーバーは月額1750円〜、専用サーバーは月額9000円台〜となっており、共有サーバーは最も低価格なプランでも充実した機能を持ち、個人でも使える法人対応サービスです。

SPPDレンタルサーバーの詳細もご紹介しています。リンク先よりどうぞ。

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社のホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve