WEBサーバートピックス(エイブルネット新サービス)

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報
レンタルサーバー比較 >  レンタルサーバーニュースTOP > エイブルネット

エイブルネットのwindows仮想デスクトップサービス

2013/03/15 ウェブサーバーニュース

エイブルネットでは、Windows仮想デスクトップに特化したプランのサービスを開始しました。新規サービスです。VPSながらも面倒な設定は不要、OSはWindowsServer2012/ 2008R2で、もう一台のPCとして利用できます。

VPSだから、様々なソフトをインストールして利用可能。このサービスではWindowsのIISホスティングを利用して、WEBサーバーとしても利用可能です。設定等に関しては未確認。

この仮想デスクトッププランでは4つのプランが用意されます。
WIN1プラン〜WIN4プランで、月額料金は1680円〜5780円。

月額料金は1680円〜となっており、この「WIN1プラン」の初期費用が無料になるキャンペーンを実施しています。

仮想デスクトップサービスとは?

仮想デスクトップサービスの概要としては、ホームページを公開するためのサーバーというより、個人的に利用できるもう一台のパソコンといった役割。(エイブルネットではWEBサーバーとして利用可能)。
Windowsはレンタルサーバー上にあるため、24時間稼働しつつ、電気代やハードウェアの消耗に関わる維持費などは無料。

利用方法としては手元のパソコンからリモートデスクトップを利用して接続、操作をします。例えば職場のパソコンからアクセスすることで、仮想デスクトップサービス上に常時開いているアプリケーションを利用したり、ゲームにアクセスしたり、自宅からでも自宅外からでも、個人的なPCを利用する感覚です。

例えば会社のパソコンで、特定のホームページ以外に接続できない場合でも、リモートデスクトップ経由で開く事が可能。

よく利用されていると言われるのが、為替取引FXや株トレードの動きを、職場からでも、友人宅からチェックできる点。実際のマネーを運用しているなら、急な損切りが重要なのはみなさん承知。
トレードに関するソフトウェアは、ブラウザベースのものが多いので、これを利用するのは非常に簡単。仮想デスクトップサービス上で該当ページを開いておけば、あとはアクセスするだけでチェック可能。基本的に24時間、開きっぱなしで眩厳も入りっぱなしの環境にアクセスできます。

またWindowsServerがインストールされたサービスなら、WindowsServerの機能が利用でき、転送量などにも問題がなければ、WEBサーバーとしての利用、メールの利用、さらに自動バックアップシステムを構築することも可能。WindowsServerのバックアップ機能は充実しています。


サーバー詳細は下記でご紹介しています。
レンタルサーバーエイブルネット比較詳細

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve