WEBサーバー別のキャンペーン情報

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報
レンタルサーバー比較 >  レンタルサーバーニュースTOP > エックスサーバー(2010)

2010・エックスサーバーの変更や限定特典

2010年 WEBサーバーニュース

低価格で機能満載の共有レンタルサーバー、エックスサーバーは、機能重視系サーバーの代名詞といえるほどの知名度と高機能が特徴。
エックスサーバーの料金は月額1050円。月額1000円クラスのレンタルサーバーで電話サポートの付いているサービスはあまり多くありませんが、エックスサーバーでは2011年9月より電話サポートが標準サービスとして開始されています。

サーバー詳細は下記リンク先でご確認頂けます。
レンタルサーバー・エックスサーバー比較詳細

PHP5.2とPHP5.3に対応

2010/07/16・ニュース

今回、エックスサーバーではPHPの新しいバージョン、PHP5.2とPHP5.3に対応しました。

これにより、例えば「Drupal」や「SOY CMS」などPHP5.2でなければ対応しないアプリケーションプログラムが利用可能になり、また最新バージョンのPHP5.3で将来に備えることも可能になります。

エックスサーバーで選択できるPHPバージョン

現時点で選択できるエックスサーバーのPHPバージョン

  • PHP4.3
  • PHP5.1
  • PHP5.2
  • PHP5.3

エックスサーバーはマルチドメインが利用可能なレンタルサーバーですが、このマルチドメインを利用している場合は、ドメインごとにPHPのバージョンを設定可能です。
これもエックスサーバーの特徴の一つです。

ディスク容量が増大

2010/07/02・ニュース

主に個人利用向けのレンタルサーバーということで、機能がウリのエックスサーバーですが、ディスク容量も定期的に増大しており、この点でみても他のサーバーに負けないほどの大容量となりました。

今回エックスサーバーでは、さらにディスク容量が増大します。

エックスサーバーの容量増量について

X10プラン - 20GBから40GBへ変更

X20プラン - 40GBから80GBへ変更

X30プラン - 80GBから160GBへ変更


全体的に2倍になるディスク容量ですが、昨年からみれば実に8倍ということです。
通常、ホームページを作成するだけなら、ここまでの大容量は必要ないのかもしれませんが、平均的なディスク使用量を大きく超える、一部のユーザーの要望にもしっかり応える形です。

マルチドメイン、サブドメインの設定機能や、各種アプリケーションの簡単インストール機能を備えるエックスサーバー。容量を気にすることなく利用する事が出来ます。

もちろん、転送量制限はありますので、転送量を下げる目的での画像最適化などは変わらず重要です。

セキュリティ関連機能追加・ガンブラー対策

2011/12/29・ニュース

今回エックスサーバーでは、セキュリティ対策としての新機能を追加しました。猛威をふるっている話題のマルウェア、ガンブラーの対策にもなる機能の追加です。

エックスサーバーのセキュリティ対策機能

エックスサーバーで今回実装された新機能は「FTP制限設定機能」。 FTP制限設定はファイルのアップロードに利用するFTPの接続時に、接続元IPアドレスを制限する機能です。

この機能により、ガンブラー対策・セキュリティ対策に効果的です。エックスサーバーにおける設定はコントロールパネルから簡単に行えるということです。


※マルウェア、ガンブラーとは、インターネット上のホームページを媒介に感染するコンピュータウィルス。FTPのIDやパスワードを盗み取り、なりすましログインやサイトの改ざんを行います。

マルウェアに感染すると・・・

ホームページがこういったマルウェアに感染してしまうと、ウェブサーバー運営元から、ホームページへのアクセス制限が行われる可能性が高確率であります。
アクセス制限とは、ホームページが表示されなくなってしまうことです。
ホームページが復旧できない事に加えて、初期化からドメイン再設定とファイルのアップロード、アプリケーションなどのインストールも再度行わなくてはいけなくなります。

このような大変な事態に陥る前に、ウェブサーバーのセキュリティ対策には意識を持つ必要があります。

ネットショップやその他データベースなどで個人情報を管理するなら、セキュリティ対策に定評があるビジネス対応サーバーがオススメ。
エックスサーバーの上位であるシックスコアや、人気のワダックスでは、セコムのセキュリティ対策が導入され、安心して利用できます。

データベース増量

2011/12/29・ニュース

低価格で機能満載で使いやすい共有レンタルサーバー、エックスサーバーは、機能重視系サーバーの代名詞といえるほどの知名度を誇ります。

エックスサーバーはその人気で、申込み6万件を突破ということで、さらなるサーバー内容の充実とキャンペーンを行います。 内容は、データベースの個数増加と同時に、ディスク容量も増えました。

エックスサーバー内容充実

1.ディスク容量の増加

  • X10プラン -  10GB から 20GBへ
  • X20プラン - 20GB から 40GBへ
  • X30プラン - 40GB から 80GBへ

2.データベース数の増加

  • X10プラン - 5個 から 30個まで作成可能
  • X20プラン - 8個 から 50個まで作成可能
  • X30プラン - 8個 から 50個まで作成可能

エックスサーバーではこの変更により、ディスク容量のみならずデータベース数も増えたことで、より多くのCMS(ブログなどソフトウェア)をインストールすることが出来るようになります。

低価格で高機能がウリのエックスサーバーですが、機能重視系の格安レンタルサーバーが増え、また機能も重視されたビジネス対応サーバーも増え、ポジション的に微妙になっていたエックスサーバーですが、これでまた魅力を輝かせました。

エックスサーバー初期費用半額

2010年4月5日(月)18:00までの期間、エックスサーバーの初期費用が半額の1575円になります。

エックスサーバーはマルチドメイン、サブドメインが設定できる共有レンタルサーバー。おすすめのX10プランの価格は月額1050円となっています。

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve