2020エックスサーバー・サーバー別

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブサーバー・比較ニュース

2020・エックスサーバーの変更や限定特典

2020年 サーバーニュース

低価格で機能満載の共有レンタルサーバー、エックスサーバーは、機能重視系サーバーの代名詞といえるほどの知名度と高機能が特徴。
エックスサーバーの料金は月額1000円+税。月額100円クラスのレンタルサーバーで電話サポートの付いているサービスはあまり多くありませんが、エックスサーバーでは2011年9月より電話サポートが標準サービスとして開始されています。

サーバー詳細は下記リンク先でご確認頂けます。

  1. レンタルサーバー・エックスサーバー比較詳細

自動バックアップからの復旧が無料に変更

2020/09/24・ニュース

エックスサーバーとエックスサーバービジネスでは、自動バックアップからの復旧が完全無料になりました。また、無料ドメインの対象ドメインも追加されています。

自動バックアップからの復旧が無料

自動バックアップ機能で取得しているサーバー領域データからの復旧が、MySQLデータベースデータの復旧も含め完全に無料になりました。

従来までの料金は5000円でしたし、多くの競合レンタルサーバーでも有料ですので、エックスサーバーの自動バックアップは相当に使いやすいと思います。

実際の操作、復旧作業の過程も進化し、サーバーパネルからの簡単な操作のみでデータの復旧が可能とのことです。

無料ドメインの対象ドメインが追加

1年間無料の対象ドメインが追加され、ドメイン種別は全16種類になっています。

追加されたドメイン
  • 「.design」
  • 「.ink」
  • 「.wiki」
  • 「.xyz」
  • 「.group」
  • 「.email」
  • 「.live」

ドメイン永久無料&利用料金20%オフ

2020/09/04・ニュース

エックスサーバーでは、月額720円から使える、ドメイン永久無料&ご利用料金20%オフキャンペーンが実施されています。

期間:〜2020年11月5日(木)18:00まで

このキャンペーンでは、サーバー利用料金が割引され、さらに更新費用が無料で使えるドメインがプレゼントされます。

概要・利用料金20%オフ

12ヶ月以上の契約で初回の利用料金が通常の20%オフになります。

X10プランの12ヶ月契約なら月額800円、36ヶ月契約なら月額720円で利用できる計算です。

概要・ドメイン永久無料

.comや.netなどから選択した独自ドメインが、サーバー契約が続く限り更新費用が永久無料になります。

独自ドメインの新規取得、独自ドメインの移管どちらもが対象とのことです。

多くのドメイン無料サービスは、1年目のみ無料で更新費は有料になっていますので、エックスサーバーのこれは大変オトクです。

年額9000円の専用SSLが更新無料

2020/06/12・ニュース

エックスサーバーの上位サーバー、エックスサーバービジネスでは、SSL永久無料キャンペーンが実施されています。

期間:〜2020年7月31日(金)18:00

このキャンペーンは、年額9000円の専用SSLが、無料取得&更新無料になります。

 「SecureCoreドメイン認証SSL」(ネームベース)が対象SSLです。非常にお得なキャンペーンだと思います。

適用・申請は、サーバー契約後、特典のお申込みページからの申請になっています。

サービス強化とオプション無料化

2020/04/08・ニュース

エックスサーバーでは、転送量制限(目安)の緩和と、オプションサービスの無料化と低価格化がされました。

転送量制限の目安を緩和

快適に利用できる転送量目安が大きくなりました。倍以上に増え、この価格帯ではライバルサーバー比で上位を争える数値になりました。

  • X10プラン:70GB/日 が 150GB/日
  • X20プラン:90GB/日 が 180GB/日
  • X30プラン:100GB/日 が 200GB/日

アクセス数が多いHP運営には、非常に重要なポイントです。

MySQLデータベースのバックアップ復元が無料

今まで1回5000円という価格で提供されていた、MySQLデータベースのバックアップ復元が無料になりました。

データベースに破損はつきものですから、この復元の無料化は大きいです。

サーバー領域データの復元が低価格化

webとメールデータの自動バックアップデータ、これのデータ提供が値下げされました。

従来10000円が5000円に値下げされます。

高性能CPU+NVMeの新スペック

2020/02/29・ニュース

レンタルサーバー・エックスサーバーでは、高性能スペックを持つ新サーバーの提供を開始しました。アナウンスを見る限り、上位プランという位置づけではなく、すべてのプランが対象なようです。

アピールされているポイントは、 高速CPU「AMD EPYC(Rome世代)」&「オールNVMe」という点です。

CPUは現在高い評価を受けるもので、ストレージはNVMeのストライピング+ミラーリングというで運用されるそう。
同時に搭載メモリも強化。ユーザー的には体感的な早さに期待したいと思います。

既存ユーザーへの対応

過去の例からしますと、エックスサーバーでは既存ユーザーも新スペックサーバーに移行できています。

他社レンタルサーバーでは移行できず、「旧サーバーは新規募集を終了しました」または「旧サーバーは提供終了になりました」と通知された事が数回あります。

今回も、既存ユーザーが新環境に移行できることに期待します。

 


レンタルサーバー詳細および公式ホームページは下記よりご確認頂けます。

  1. レンタルサーバー・エックスサーバー比較詳細

ビジネス対応で選ぶならこちら。
エックスサーバーの上位サービス。機能強化だけでなく、内容全体が強化されています。

  1. レンタルサーバー・シックスコア比較詳細
  2. レンタルサーバー・X2比較詳細

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve