キャンペーン情報やバージョンアップ情報

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブ・比較情報
レンタルサーバー比較 >  レンタルサーバーニュースTOP > その他レンタルサーバー(2013〜)

2013〜2014・「その他レンタルサーバー」最新ニュース

2013年〜 WEBサーバーニュース

ここではC'sサーバー、NTTPC-WEBアリーナ、スマイルサーバー、ドライブネットワーク、J-NAVI、マイドメイン1000、ミライネット、LHX、さくらのレンタルサーバー、CPIなどのキャンペーン情報やバージョンアップ情報を掲載しています。

それぞれの詳細と比較のページはこちらです。

  1. NTTP・WEBアリーナ/サーバー比較 ・ WEBアリーナVPSコース
  2. マイドメイン1000/サーバー比較
  3. ミライネット・Liteプラス/サーバー比較
  4. カゴヤジャパンSOHOプラン/サーバー比較 ・ カゴヤジャパンパーソナルプラン/サーバー比較
  5. リンククラブLHX
  6. さくらインターネット(共有) ・ さくらインターネット(VPS)
  7. CPI「ACE01プラン」 ・ CPI「Z1」 ・ CPI「Z3」
  8. お名前.comレンタルサーバー
  9. ギガレンタルサーバー

さくらのVPS、全面リニューアル

2014/12/26・ニュース

さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバー」、VPSプランが大幅リニューアルされました。
新プラン、新価格で内容強化。月額635円で利用できるSSDプランなど魅力です。

例えば、最も低価格な「メモリ512MBプラン」だと、月額635円。
概要はメモリ:512MB ディスク容量:SSD 20GB。

またこの、一つ上の「メモリ1GBプラン」だと、月額900円。
概要はメモリ:1GB ディスク容量:SSD 30GBまたはHDD 100GB。ストレージの選択ができます。

プランや内容はさくらのレンタルサーバー公式HPで紹介されています。そしてリニューアルに合わせ、旧プランは申し込み終了になっています。

NTTPCウェブアリーナのVPS、完全仮想化(KVM)が選択可能

2014/12/22・ニュース

NTTPCコミュニケーションズのウェブアリーナ、VPSコースでは、新しいHDDのシステムを選択できる様になりました。

概要としては、独立性と自由度の高い「完全仮想化(KVM)」を 採用したHDDタイプが追加されています。ウェブアリーナのVPSでは、SSDタイプを含め選択肢が広がっています。

NTTPCウェブアリーナで3つのキャンペーン実施

2014/10/01・ニュース

NTTPCコミュニケーションズのウェブアリーナでは、3つのキャンペーンが実施されます。共有サーバー、VPS、メールホスティングとそれぞれでキャンペーン特典が用意されています。

WebARENA SuiteX、名づけてねっと

SuiteXはウェブアリーナの共有サーバー。
名付けてねっとは系列のドメイン取得サービス。

サーバーとドメインをセットで申し込んで、特典が得られます。
サーバー利用料金3ヶ月分 + ドメイン1年分 が無料になります。新規だけでなく移管もOK

期間 : 10月31日 17時まで

WebARENA SuitePRO V3、VPSクラウド

WebARENA SuitePRO V3では初期費用が無料。通常価格は5000円。
VPSクラウドは月額料金が最大2ヶ月間、無料。

期間 : 10月31日 17時まで

WebARENA メールホスティング

ウェブアリーナのメールホスティングでは初期費用無料、月額料金が最大3ヶ月無料。
通常の初期費用は5000円。

期間 : 10月31日 17時まで

5/26まで お名前.comの共有サーバー、最大3ヶ月無料など

2014/05/24・ニュース

お名前.com レンタルサーバーの共有レンタルサーバーでは、申込時に必要な初期費用、申し込みから最大3ヶ月が無料になるキャンペーンを実施しています。

期間 : 5月26日(月)19時まで

期間中の特典は3つ
  • 初期費用が無料 (通常1800円)
  • 月額費用が最大3ヶ月無料 (通常900円)
  • 独自SSLがキャンペーン価格の24000円で申し込み可能 (通常33800円)

※独自SSLの割引キャンペーンは5月30日(金)19時まで

2/28まで お名前.comレンサバ初期費用無料(VPSプラン)

2014/02/23・ニュース

お名前.com レンタルサーバーのVPS(KVM)は初期費用が無料になるキャンペーンを実施します。対象は全プラン。最大で16800円が無料になります。

期間 : 〜2014年2月28日(金)12:00

期間中、お名前.com VPS(KVM)の全プランの初期費用が無料になります。

ウェブアリーナ新プラン提供開始

2014/02/22・ニュース

NTTPCコミュニケーションズのウェブアリーナでは、新プランが登場しました。
共有サーバーSuiteXの新プランです。

新プランのプラン名は 「SuiteX V2」。従来のタイプよりセキュリティ機能が充実し、ディスク容量が増強されているとのことです。

セキュリティが声高く言われる時代ですので、ビジネスクラスのサーバーではセキュリティが商品価値を持つと思います。 Web改ざん検知サービスや自動バックアップ機能なども提供されます。

CPI、SSL証明書1万円OFFキャンペーン

2013/10/18・ニュース

レンタルサーバーCPIでは、SSL証明書(専用SSL)が1万円引きで申し込みできるキャンペーンを実施しています。SSL証明書といえば、法人HPやショッピングHPの必需品。現在も多くのサーバー利用者がオプションで選択するというものです。

SSLがあると強固なセキュリティ対策が可能なほか、専用SSLならHPの所有者も証明してくれます。

期間は今年度いっぱいと長期間が予定されています。
期限 : 〜2014年3月31日申し込み分

内容詳細

名称 : CPI SSLサーバー証明書1万円OFFキャンペーン

対象プラン : シェアードプラン、マルチドメイン、マネージドプラン、バーチャルドメイン、ストアカートプラン

特典 : CPI・SSLサーバー証明書を新規に申し込みすると、通常38850円(税込)が28350円(税込)。

申し込み方法 : レンタルサーバーの新規申込みと同時に申し込む場合は、お申込みフォームでCPI SSLサーバー証明書オプションを選択します。

※翌年以降の更新は通常価格になります。38850円(税込)。


CPIのレンタルサーバーはビジネスに使える共有レンタルサーバー。基本的な能力が高く安心して使えるだけでなく、機能面も充実。便利に使える機能が多数揃っています。
さらに近年では、マルチドメインや複数データベースにも対応しています。

GMOクラウド、30日間全額返金保証制度を追加

2013/10/10・ニュース

30日間全額返金保証制度について

GMOクラウドが提供するレンタルサーバーでは、「30日間全額返金保証制度」を2013年10月7日(火)から始めました。
このサービスでは、不満があった場合、利用開始日から30日以内の解約では初期費用を含む全額が返金されます。

ある程度使ってみなければわからないのがレンタルサーバーの本質的な部分。長期間利用したり、トラブルを経験したりすることで真価がわかります。その点から、30日間全額返金保証制度は非常に嬉しいサービスといえます。単純に目に見える機能と、日々状況により変化する快適性などは比較する難しさが違います。

マチルダ中尉をイメージキャラクターに起用

またGMOクラウドではガンダムのマチルダ中尉をイメージキャラクターに起用しました。
以下、アナウンス。

「マチルダ中尉」(マチルダ・アジャン)は機動戦士ガンダムの作品中で、地球連邦軍所属の戦艦「ホワイトベース」へ補給物資を送り届ける補給部隊隊長として登場するキャラクターです。
女性ながら戦場における強いリーダーシップを発揮し、同時に大人の女性としての優しさ、母性を感じさせる人物像は、当時の多くの青少年視聴者を魅了しました。
今後、ウェブをはじめとする各種メディア、イベントなどにおいて、マチルダ中尉と共にGMOクラウドブランドの魅力を伝えて参ります。

GMOクラウド、iCLUSTA+で初期費用キャッシュバック

2013/09/25・ニュース

GMOクラウドが提供するレンタルサーバー「iCLUSTA+」では、初期費用がキャッシュバックになるキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容

期間 : 〜 9月27日(金) 18:00

特典 : 初期設定費用5,250円をキャッシュバック

対象サービス : iCLUSTA+ 全プラン (ミニ/レギュラー/プロ)

適用条件 :  12ヶ月契約の申し込みのみ適用。また専用フォームからキャッシュバック申請が必要。

キャンペーン適用のために、12ヶ月契約で申し込み、申し込み完了後、キャッシュバック申請フォームから連絡をしてください。別途、振り込みようの銀行口座が必要です。

GMOクラウド、iCLUSTA+のディスク容量増加

2013/09/02・ニュース

GMOクラウドが提供するレンタルサーバー「iCLUSTA+」ではディスク容量が増加されました。

  • •共用サーバー ミニプラン ・・・ 60GBが200GBに変更
  • •共用サーバー レギュラープラン ・・・ 90GBが400GBに変更
  • •共用サーバー プロプラン ・・・ 120GBが600GBに変更

変更は8/27日。全プランにてディスク容量が大幅に増加しました。現在、同価格帯のライバルサービスと比較すると、他サービスより大きな上限となっていますので、ディスク容量を重視される方にもおすすめです。

お名前.comレンサバでディスク容量増加

2013/08/01・ニュース

GMOの「お名前ドットコムレンタルサーバー」ではディスク容量が増加されました。

  • •共用サーバー SD-11プラン ・・・ 100GBが200GBに変更
  • •共用サーバー SD-12プラン ・・・ 200GBが400GBに変更

変更は7/17から。容量が増加されるのはWeb領域です。メール領域の容量は従来通り最大20GBになります。

さくらのレンタルサーバー、転送量制限の緩和や機能追加など

2013/06/28・ニュース

さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバー」では、転送量制限の緩和を始め、いくつかの変更を実施しました。お値段そのままで大きく魅力がアップしています。

ここ最近の変更点はこのような感じです。

  1. 転送量制限(目安)が大きく緩和
  2. ディスク容量が5GB超に増量
  3. mod_expiresが利用可能に変更

各詳細はリンク先のページにてまとめています。
さくらインターネット転送量制限の緩和やmod_expires対応

ギガレンタルサーバーの運営会社が変更

2013/06/07・ニュース

低価格&マルチドメイン・複数データベースといった条件を持つのが「ギガレンタルサーバー」。月額料金は749円からでディスク容量無料プランもあります。そんな内容を持つサービス、ギガレンタルサーバーでは、運営会社が変更になりました。

  • 旧運営会社 : ミルブレインズLLC
  • 新運営会社 : セブンアーチザンLLC

LLCとは合同会社の意です。会社法によって定められています。
ミルブレインズLLCは集客コンサルティングとして業務に関わっているとのことです。

お名前.com、月額料金大幅値下げを実施

2013/05/30・ニュース

お名前.com レンタルサーバーの共有サーバーコースでは、月額基本料金を大幅値下げしました。

従来までは月額1500円程度、新しい料金は月額945円〜(ともに契約期間に応じて料金は異なる)
となります。

1ヶ月で500円以上となる大幅値下げです。

新しい料金詳細は下記の通り
  • 1ヶ月払い - 1,365円
  • 6ヶ月払い - 6,804円 (1,134円/月)
  • 12ヶ月払い - 12,348円 (1,029円/月)
  • 24ヶ月払い - 22,680円 (945円/月)

長期間の方が安くなるので、理想としては6ヶ月で契約して利用してみて、更新するなら24ヶ月払いで支払いという方法がいいかと思います。
またお名前.comでは系列サービスにドメインレジストラがある関係上、独自ドメインが低価格で取得出来る上に管理や設定もしやすくなっています。

キャンペーンも実施中!

初期費用無料 + 最大2ヶ月分の料金が無料!

お名前.comの共有サーバーコースでは、キャンペーンも実施しています。
キャンペーン期限は、2013/6/28(金)17:00までです。

値下げな上に大幅割引で非常にオトク、詳細は公式ホームページでご確認頂けます。
お名前.comレンタルサーバー比較と公式ホームページ

さくらのレンタルサーバー、ホームページリニューアル

2013/03/17・ニュース

さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバー」では、ホームページをリニューアル。新しいホームページは各プラン概要が大きくトップページに出され、今までよりユーザーの方を向いた作りとなっています。アナウンスによれば、従来より使いやすいサイトを目指したとのこと。

新しいトップページはこんな感じです。公式HPへはこちらより飛べます。さくらインターネット

CPI、VPSコースに上位プラン登場

2013/03/11・ニュース

KDDIグループのレンタルサーバー、CPIは信頼性が重要なレンタルサーバーで安心して使えるレンタルサーバーの一つ。KDDIブランドだけど内容と比較して決して料金高くないのも特徴です。

今回、CPIのVPSコースでは、上位プラン4種が設定されました。月額料金は1260円〜7560円。

特徴は、VPSには完全仮想化と言われるKVMが利用され、安定稼働性を重視。また最上位プランを選択すれば、専用サーバーの代わりとしての運用が考えられます。その価格から1サーバーあたりの収容人数が数人程度なのが予想できます。こちらはアプリケーションを利用した際のパフォーマンスにも期待。

最もベーシックとなるプランは「CV01」プラン。月額料金は1260円、初期費用は無料
下記に、CV01の簡単なスペックを記します。

CV01プラン概要
  • 月額料金 : 1260円
  • 初期費用 : 無料
  • メモリ : 2GB
  • ディスク容量 : 100GB
  • CPU : 仮想2コア
  • OS : 標準はCentOS。その他7種に変更することも可能。ルート権限あり。

現行プランは1プランでのサービスでした。これは月額945円の価格重視系サービス。今回それに加え、CV01〜CV04の4プランの提供を開始。これまでスペックの不足が懸念され開発が難しかった大規模アプリケーションの構築やバックアップサーバーとしての使用、また、アクセス数の多いウェブサイトやCMSの利用でもパフォーマンスが期待できます。

CPIでは、VPSだけではなく通常の共有サーバーでも専用サーバーの代わりになるようなサービスを展開中。こちら自由度という点では一歩劣る反面、難しいことを考えずに利用できるのが特徴。よほどの事がない限りパフォーマンス的には十分。VPSの中プラン程度を考えるのなら、共有サーバーの上位プランもオススメです。

さくらのレンタルサーバー各プランで容量増加

2013/02/19・ニュース

超低価格帯でも電話サポートが付いたレンタルサーバーが「さくらのレンタルサーバー」。知名度高いさくらインターネットのサービスです。
今回さくらのレンタルサーバーでは、共有サーバーの各プランでディスク容量が増加となりました。増加量は最大で5倍。最も低価格なプランでも5GBまで利用できます。

新ディスク容量
  • ライト : 5GB (増量前:1GB)
  • スタンダード : 30GB (増量前:10GB)
  • プレミアム : 60GB (増量前:40GB)
  • ビジネス : 100GB (増量前:80GB)
  • ビジネスプロ : 200GB(増量前:150GB)

WEBだけならこんなにいらないよ、という方が大半かもしれませんが、今までメールボックスの容量が不安だった方でも安心してメールアカウントを設定できます。またビジネス利用でなければマルチドメインでの利用、こちらもディスク容量に余裕があれば余計な心配がなくなります。

LHX、ドメイン6種が370円で取得出来るキャンペーン

2013/02/15・ニュース

月額1416円の機能重視系レンタルサーバー「LHX」では、ドメインが割引価格で取得出来るキャンペーンを実施しています。
対象となるドメインはメジャーなドメインを含む6種類。期間中どれもが370円で取得可能です。

LHXのドメイン割引キャンペーンについて

対象ドメイン : .com .net .org .biz .info .name

ドメイン取得費 : 370円 (通常は770円)

LHXは通常でもドメインが低価格なのが特徴。一般的にレンタルサーバー会社でドメインを取得すると、専門のドメインレジストラ(お名前ドットコムやスタードメインなど)より高い金額が必要になりますが、LHXなら同程度。
毎年のドメイン料金の支払いや設定など、同時に取得した方が便利なのは間違いなく(サーバー引っ越しは逆に面倒ですが)、安ければ魅力的な選択肢です。
ドメイン割引キャンペーンは通常、2年目から平時の料金が必要になります。

またLHXではマルチドメインが利用できるので、すでに利用中の方にもお得な内容となっています。

カゴヤジャパン・専用サーバー3G各プランで初期費用半額

2013/02/09・ニュース

カゴヤジャパン専用サーバー3Gのリニューアル記念(下記参照)として、同サービス初期費用が半額になるキャンペーンを実施しています。
カゴヤの専用サーバーは共有サーバーと同価格帯で利用可能なのでご紹介しています。

今回、初期費用半額と言うことで、スタンダードモデルで4725円〜26250円お得に。ハイエンドモデルでは8000円以上オトクになります。

期限は2013年3月31日までと十分。
スタンダードモデルで最も低価格なプランでは月額3864円と共有サーバークラスの月額利用料金で利用できます。(ただし最安プランのCPUはAtom1コアなどスペックは最小限)。

カゴヤジャパン・専用サーバー3GがCPU性能アップなど内容強化

2013/02/08・ニュース

カゴヤジャパン専用サーバー3G、各プランそれぞれでサーバースペック・内容を強化しリニューアルしました。
「専用302」以上のプランのCPUは、全てXeonを採用し、また長寿命タイプのSSDを採用した新プランもデビュー。 その他、共有サーバーと同価格帯のプラン(スタンダードモデル各プラン)、機能を重視した高性能プラン(ハイエンドモデル各プラン)それぞれで内容が強化されました。

詳細はカゴヤジャパンホームページの専用サーバーコーナーでご確認ください。

WebARENA(共用サーバー)に共有SSL機能が追加

2013/01/21・ニュース

NTTPCコミュニケーションズのレンタルサーバー「WebARENA SuiteX」に新しい機能が追加されました。
今回追加された機能は共有SSL。お馴染みの機能ですが、ウェブアリーナならではの特徴を持ちます。

ウェブアリーナの共有SSL特徴

共用SSLなのに、「同じサーバーの利用者によるCookieの盗聴」が防げます。
通常、共有SSLは同じホスト名で区別していますが、ウェブアリーナでは各サイトをホスト名により区別しているため、Cookieの盗聴が防げます。

共有SSLについてはこちら

共有SSLは専用SSLと比較して、無料で利用でき取得申し込みや更新の手間が掛からないのがメリット。例えばお問い合わせフォームのセキュリティ向上や、一部のネットショップ構築ソフトで利用できます。
一方で、サイト運営者の証明といった機能はないので、ユーザー様からの信用を確保するためには、専用SSL証明書(独自SSL)のみが有効です。

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve