キャンペーン情報やバージョンアップ情報

共有レンタルサーバー・ウェブサーバー
お得なウェブサーバーのホスティングニュース
共有ウェブサーバー・比較ニュース
レンタルサーバー比較 >  レンタルサーバーニュースTOP > その他レンタルサーバー(2019〜)

2019〜・「その他レンタルサーバー」最新ニュース

ロリポップ、ワードプレス簡単引っ越し機能追加

2019/10/03・ニュース

超低価格サーバーとして知名度高いロリポップに、新機能が追加されました。
新しい機能は、「WordPress簡単引っ越し機能」。

このWordPress簡単引っ越し機能は、ボタン一つでロリポップへの引っ越しが完了するという機能。

実際のデータベース引っ越し作業は、不安がついてまわる作業ですが、引っ越ししなければならない時もきます。そうした時にこうした機能は、重要な部分に頭を使えるよう、作業者の負担を軽減してくれるものと思います。

初期費用無料キャンペーンも開催

WordPress簡単引っ越し機能のリリースに合わせ、初期費用無料キャンペーンも実施されています。

条件は、「申込後10日以内にWordPress簡単引っ越し機能を利用する」となっています。

WADAX最大3ヶ月無料キャンペーン

2019/10/03・ニュース

レンタルサーバーWADAXでは、最大3ヶ月分の月額料金が無料になるキャンペーンを実施しています。対象プランは、専用サーバープランです。

期間は11/29まで

WADAX専用サーバー全プランが最大3ヶ月無料になるのと、最大14万円という高額な専用SSLが、初年度無料で利用できるキャンペーンです。

CPIに新レンタルサーバー登場

2019/09/06・ニュース

KDDIグループで安心感高いレンタルサーバーCPI、新サーバーが登場しています。

新サービス「SV-Basic」

月額費用3800円からのレンタルサーバーです。

アピールされるポイントは、CPI・SSL証明書が1枚無料提供される点や暗号化規格「TLS1.3」に対応の点。

またコントロールパネルはウェブだけ、メールだけという使い方もできる新タイプということで、複数人での管理性が高まっていると思います。

安全・安定性に関する部分は、従来から高いといわれ、CPIのブランドを考えても不安は感じません。

筆者の経験では、共有レンタルサーバーのサーバーが攻撃された事もありますし、お客様にサーバーのセキュリティ状況を聞かれた事もあり、低価格サーバーにデータベースを構築するのに不安を感じる場合もあります。その時にCPIを利用していました。

CPIならホームページに安全性に関するポイントが掲載されていますので、別の方への説明も簡単です。

ロリポップにハイスピードプラン登場

2019/10/02・ニュース

超低価格サーバーとして知名度高いロリポップに、新しいプランが登場しました。

登場した新プランは「ハイスピードプラン」。サイトの表示速度が速く、急な大量アクセスに対応したプランで、ワードプレスなどCMSにも優れた性能を発揮するということです。

アピールされる内容で注目の特徴は、WEBサーバーにLiteSpeedを採用している点が興味深いです(他のプランはapache)。また電話・チャットサポートありという点に、上級プランらしさを感じます。

見えにくい部分でも、サーバー1台あたりの収容人数が従来プランより少ないことが予想でき、安定した速度にも期待します。

機能面では、マルチドメイン無制限というロリポップらしさはそのままです。

料金は月額1000円と、低価格がウリのロリポップとしては高額です。逆に言えばその分、内容に期待できます。

スターサーバー新料金プラン

2019/07/20・ニュース

スタードメインなど系列サービスも充実したスターサーバーでは、24ヶ月、36ヶ月契約が登場し、契約期間として選択できるようになりました。

一般的に長期契約ほど月当たりの料金は下がりますが、スターサーバーでも同様に、長期契約ほどお得です。

メインのスタンダードプランでは、3ヶ月契約で600円/月のところが、36ヶ月契約では400円まで下がります。

合わせて6ヶ月契約の金額などが変更されていて、新規申し込みまたは更新手続きから適用になるとアナウンスされています。

コアサーバー、サービス開始10年超

2019/07/07・ニュース

超低価格で便利機能が充実したコアサーバーはサービス開始から10年を超え、初期費用無料や30日無料お試しで利用できます。

コアサーバーのわかりやすい特徴は、マルチドメインやMySQLが無制限で、プランによって電話サポートや自動バックアップがつきます。

最近では多くのレンタルサーバーがマルチドメイン対応になりましたが、コアサーバーは早くから対応していて、超低価格な機能重視系として個人ユーザーの強い味方でした。

価格は主力プランで月額400円以下。4,762円/年と非常にお手頃です。

サーバーの目的の一つに、 データを保管、 提供する役割があります。
サーバーの中でも、インターネットを通じて情報を発信するサーバーの事をウェブサーバーと呼びます。
一般的に、レンタルウェブサーバーをレンタルサーバーと呼んでいます。

<サーバー別キャンペーンや新着情報>


わかりにくい内容や詳細などは、
サーバーホスティング会社の公式ホームページで確認して頂ければ確実です。

共有レンタルサーバーニュース Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserve